6月のお便り 当院医師 永江 航より

皆様、6月に入り梅雨入りするとともに、昼間は非常に湿気も強く、暑い日がやって参りました。今年は、私も含めて皆様も、熱中症と新型コロナの2つにかからないようにしたいところです。

 

まず暑い時の外出時は出発前に水分を十分に摂ってください。そして、暑い中での歩行中は人とソーシャルディスタンス(社会的距離)を保てていれば、マスクはとった方が良いです。マスクをしていると口の中の湿度が保たれ、のどの渇きを感じにくくなってしまいます。

 

そして、新型コロナウイルスについて「ランセット」という信頼のおける医学雑誌に新たな発表があったのでお知らせいたします。

  1. 身体的距離を1m以上開けると新型コロナ感染率は12.8%→3.1%と減少。
  2. マスクありだと17.4%→3.1%と減少。
  3. 目の保護(眼鏡や伊達メガネ、サングラスでもよいです)があると16%→5.5%と減少。

以上の3つをすべて励行すると単純計算ですが感染のリスクが約80分の1になります。

 

スーパーに行かれる時や屋内の施設に行かれる際はこのことをご参照頂ければ幸いです。

 

では、皆様、暑さに負けずコロナにも負けず、元気な笑顔で毎日過ごされることを私も願っております。今月もよろしくお願い致します。

 

また、当院においてのコロナ対策は下記に詳細を載せております。

まだお読みでない方はご一読いただければ幸いです。

 

≪新型コロナウイルス感染症に関する当院の取り組みについて≫

<対策1> 風邪、発熱、咳の方の診察は院外にて患者様の車で当院スタッフが防護を行った上で診察を行います。
(徒歩、自転車で来られた方は屋外に専用の机を用意しております。)
<対策2> ①診察時のマスク着用、全ての患者様、利用者様の検温(非接触型体温計使用)をさせて頂きます。
②こまめな手洗い、うがい、手指消毒の徹底
③職員同士の接触禁止(2m以上の距離を取ります。)
④院内での長時間の接触禁止
⑤体調不良職員の出勤停止
⑥1時間に1回の換気(できれば常に)
⑦院内の自動車の清掃、消毒(次亜塩素酸水噴霧、換気徹底)
⑧院内でのミーティング・勉強会の一時停止
⑨待合室での患者様のソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保、院内に同時におられる患者様数の
制限(混雑時のみ)を致します。
⑩診察室、処置室、受付のビニールによるパーテーションの設置
⑪また、受付時に携帯の電話番号を教えていただければ車の中でお待ち頂く事も可能です。

 

皆様に安心して診療又はデイケア、デイサービスをご利用頂けるように職員の健康と安全を考え、新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を心より願い、今後とも先手先手で、様々な対策を実施してまいります。御迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

【当院より臨時のお知らせ】

当院より臨時のお知らせです。
土曜日午後(14時~18時)の診療ですが、中部病院(旧社会保険病院)の呼吸器内科専門医のDrが担当しています。

現在、新型コロナウイルスの指定医療機関になっており、患者様の感染のリスクを最小化するために4月より(4/4(土)より)しばらくの間、土曜日の午後を休診させていただくことにしました。

当院としても、苦渋の決断であり、土曜日の午後に受診されておられる患者様には多大な御迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

また、再開する際はお知らせいたします。

6月6日 (午前)院長 (午後)休診
内視鏡医師 山口 加奈子
6月13日 (午前)永江 航 (午後)休診
内視鏡医師 山口 加奈子
6月20日 (午前)院長 (午後)休診
内視鏡医師 山口 加奈子
6月27日 (午前)永江 航 (午後)休診
内視鏡医師 樋口 徹

>>新着情報へ戻る